与論島の基本情報|国内旅行へ遊びに行きましょう!青の洞窟や観光ツアーを楽しむ

与論島にはどうやって行くか。主な移動手段は飛行機と船です。

与論島は楽園のような場所です

青い空、透き通った海。そんな海岸がある場所というのは非常に限られています。与論島はそんな限られた場所の1つです。ネットで検索しても分かる通り、海は非常に透き通っており、外国旅行をしているような気分にさせてくれます。

与論島の基本情報

シーサー

与論島とはどんなところか

与論島とは、鹿児島に所属している小さな島です。全長21キロ程度の小さな島であり、沖縄文化の色が濃いことが特徴です。夏のシーズンは観光客が多い為賑わっていますが、オフシーズンは非常に静かで落ち着いた島です。そのため、静養のためにオフシーズンに与論島ツアーに行く人もいます。

まず鹿児島か沖縄へ

与論島に行くためには、まず沖縄、もしくは鹿児島まで行かなければなりません。そこから飛行機、もしくはフェリーで与論島へ向かいます。よって、沖縄、鹿児島以外に住んでいる人の場合は、まず鹿児島まで行き、そこから乗り換えることになります。

船か、飛行機か

船か飛行機で与論島まで行くのですがこれは飛行機のほうが早いです。特に鹿児島から行く場合、20時間かかるため早く行きたいのであれば飛行機一択です。しかし、沖縄からの場合5時間足らずで到着するので、船旅を楽しみたいなら沖縄から行くというのも選択肢の1つです。

エンジョイ沖縄&与論島特集

海中

青の洞窟とはどんな所?

沖縄で青の洞窟を見たいのであれば、恩納村にある真栄田岬に行く必要があります。しかし、本州のような感覚でスケジュールを立てると移動手段で大幅に時間を食う可能性があります。恩納村に行くための方法や恩納村で楽しめるマリンスポーツなど、青く美しい海を楽しみたい方におすすめの情報を記載しています。

READ MORE
シーサー

与論島の基本情報

与論島について基本的なことが書かれている記事です。与論島は移動手段が限られており、まず事前に行く手段を考えてからスケジュールを組むことをおすすめします。基本的には鹿児島、もしくは沖縄に移動してから与論島に向かうことになるので、鹿児島もしくは沖縄旅行も平行して楽しむという旅行方法もあります。

READ MORE
ウミガメ

青の洞窟でマリンスポーツ

恩納村にある青の洞窟での楽しみ方や注意事項について紹介している記事です。青の洞窟はダイビングやシュノーケリングといったマリンスポーツを楽しむことの出来る場所であり、沖縄の海を気軽に満喫したい人におすすめです。しかし、個人で青の洞窟まで行くのは非常に危険なのでご注意ください。

READ MORE
女性

与論島満喫ツアーの方法

与論島は華やかな都会とは対照的な、静かで穏やかなリゾート地です。また、島もそこまで大きな島ではないため、マリンスポーツ以外にも島巡りをして楽しむという楽しみ方もあります。この記事では、そんな与論島の楽しみ方について解説しています。

READ MORE
広告募集中